株式会社フクエイホーム
平日 9:00~18:30
土曜10:00~18:00
日祝日10:00~17:00
3月まで無休
2019年03月15日
ブログ

家賃に見合った価値を提供していますか?

賃貸物件の空室対策のポイントは、不動産仲介業者から

「お願いします。私に客付けをさせてください」と言われる様な物件に

仕上げることです。

そして、内見したら即成約するような物件であれば、不動産仲介業者は

我先にあなたの物件を紹介してくれるようになります。

しかし、多くの不動産オーナー様の物件は、残念ながらそのようの物件に

なってないことが多いです。

メンテナンスの行き届いていない、古ぼけた物件が多いように思われます。

家賃以上の価値がその部屋にあるか

不動産オーナー様は、いわば入居者に「部屋」という空間を提供して、

その対価として「家賃」を得ています。

では、あなたの物件はその設定家賃以上の価値があるものになっているでしょうか?

もし、家賃以上の価値を感じられる「部屋」になっていないのであれば、

その家賃で入居者を決めることはできないと思います。

ということは、逆に入居者の設定家賃以上の価値を感じてもらえれば、

どんな家賃でも入居者は決まります。

リフォームで商品価値を高める

では、家賃以上の価値を感じてもらうにはどうすればいいでしょうか?

答えはリフォームをして失われた価値を取り戻すしかありません。

「空室だらけでそんなにお金をかける余裕なんてないよ」と言いたくなる

不動産オーナー様もいるでしょう。

しかし、もしそのままの状態で入居募集を続けるならもはや

家賃は下げざるを得ません。

また、ただ単にお金をかけるのではなく、採算に見合うリフォームを

することがとても大事です。

そしてもう一つ大切なことは、「こんなのがあったら便利だな」という

生活向上アイテムを要所要所に散りばめることです。

arrow_upward