株式会社フクエイホーム
平日 9:00~18:30
土曜10:00~18:00
日曜・祝日
2018年11月20日
ブログ

分譲マンションを貸した場合のメリット(長所)は

以前ご紹介してブログで、分譲マンションについて「貸した方が良いか、

売った方が良いか」の判断で、いくつかの条件が当てはまる方は、売った方が良いと

言うことを説明させていただきました。

今回は売却ではなく、分譲マンションを賃貸物件として貸す場合は、

どんなメリット(長所)があるのかを紹介していきます。

長所その1「家賃収入が得られる」

分譲マンションを貸す最大の長所は、家賃として毎月収入があるとこです。

入居者が決まれば、決まった金額の不労所得を得ることができますので、

不動産投資として資産運用の手段として副収入につなげる事が目的で

分譲マンションを購入する一般の方は多いです。

 

長所その2「金利や固定資産税が経費と認められる」

自分が分譲マンションに住んでいた時に支払っていた、「固定資産税」や

「住宅ローンの金利」は実は不動産所得になると経費として認められます。

年度末の確定申告の際に、経費として計上すれば所得から控除されて、

税金が安くなります。

その他にも「管理費」「修繕費」「地震保険・火災保険」なども経費として

認められます。

長所その3「通常の賃貸物件より高い家賃で決まる」

通常の一般的な賃貸マンションと比べると、分譲マンションは当然ながら

建物の構造や室内の設備のクオリティーは高いです。

 

もともと分譲マンションは、一生の住まいとして購入し住まれている方が

ほとんどです。

なのでできるだけ居住者同士のトラブルは避けたいと、居住者のモラルやマナーが

比較的良い方が多いです。

 

また部屋の造りがしっかりしているので、賃貸マンションよりも防音性が高いので、

分譲マンションの賃貸は人気があります。

そのため同じ広さや間取りの賃貸マンションと比べると、分譲マンションの

賃貸のお部屋の方が、高い家賃で入居者を募集することができます。

 

このように分譲マンションを賃貸で貸す事には色々なメリット(長所)が

あり、とても魅力的です。

 

しかし、当然ながらデメリット(短所)もあります。

次回は、分譲マンションを貸す際のデメリットについてご説明します。

 

福岡市博多区の賃貸・売買・不動産管理のフクエイホーム

 

 

arrow_upward