株式会社フクエイホーム
平日 9:00~18:30
土曜10:00~18:00
日曜・祝日
2020年05月26日
フクエイホームの不動産情報

敷地内に祠(ほこら)がある場合、不動産売買はどうするか

不動産の敷地内に祠(ほこら)がある住宅は意外と多いです。

さすがに新興住宅地や分譲地では殆ど見かけませんが、少し古い住宅地を歩いてみると、祠のある家に気付く場合があります。

これらは屋敷神(やしきがみ)ともいわれその家と土地を守ってくれる神様です。

屋敷神とは

よくある家の中の神棚に祀られているのは「家内神」で、屋外の祠に社(やしろ)に祀られているのは「屋敷神」と呼ばれます。

また同じ地域に住む人達の共通の神様である「氏神」や「鎮守」とは異なります。

家の敷地に祠や社が建てられた経緯は色々あると思いますが、もともとは五穀豊穣を願う農耕の神様、あるいは祖先を神として祀られる風習によるものが多いと考えられています。

御神体も不動尊・地蔵尊・稲荷・道祖神・庚申塔など様々ですが、一般的に屋敷神の多くは稲荷のようです。

丁寧に祀られる場合には鳥居も備えていることもあります。

また、はじめから敷地内に作られたものでなく、水田の一角にあったものが宅地開発に伴って敷地内に取り込まれた例もあります。

不動産売買の際の祠の取り扱いについて

実際にこの祠のある敷地を売買しようとする時には少々厄介です。

売主からすれば祠などがあることで購入者が限られ、なかなか売れない懸念があります。

買主によっては取り壊しを要求してくるかもしれません。取り壊す時も買主が納得する方法で処理することが大切です。

また、祠付きの敷地を購入した買主も、家を建て替える際に祠をそのままにするべきなのか、移設するのか、あるいは取り壊してよいのかと迷うことがあるはずです。

祠の取り壊しは難しい

祠を取り壊した後に「祠を動かして祟られた」「祠を撤去したら不幸にあった」というような話はよく聞きます。

気持ちの問題でもあるため、祠をそのまま残したり、神主さんを呼んでお祓いなどの神事をしてもらった上で建築の邪魔にならない位置へ移設したりするケースが多いです。

マンションの敷地内に祠が残されている場合もありますが、その場合は台座も含めてきれいに造り直されることが多いようです。

その一方で建売住宅が分譲される前の土地に祠などがあった場合は、もとの土地が分けられると同時にそれが撤去されるケースが大半です。

結局のところ祠をどうするのかは、あくまでも買主自身が決めなければならないのです。

個人的にはせっかくのご縁でもありますので、買主も祠を残して住んでもらいたいですね。

 

福岡市博多区の不動産会社フクエイホーム

arrow_upward