平日 9:00~18:30
土曜10:00~18:00
日曜・祝日
2018年05月09日
ブログ

相続した空家を所有されている方へ

昨年の話ですが、当社が管理している賃貸アパートのオーナー様から

「自分が相続した実家の空家を売却したい」とのご相談を受けて、

不動産売買の仲介をさせていただいたことがありました。

 

その際に、平成28年4月1日から適用されている「空き家の譲渡所得3,000万円の

特別控除の適用」をご紹介して、不動産の売却による所得から税金を減らす事が

できました。

空き家の譲渡所得3,000万円の特別控除が作られた背景

この特別控除ができた背景には、空き家の増加傾向にあり治安が悪くなったり、

建物の倒壊や火災などの被害が懸念されるなど、大きな社会問題になっていて

その対策が求められていることにあります。

 

実家の空き家を相続したけれど、既に自分も持ち家やマンションがあるので

移り住む気は無いという方は多く、このような空き家になった家屋などを

売却しやすくするためにつくられました。

 

特別控除の解説と適用されるポイント

相続した日から起算して3年を経過する日の属する年の12月31日までに不動産を

譲渡すると、その家屋又は土地の譲渡所得から3,000万円を特別控除するものです。

 

計算式で表しますと・・・

《譲渡所得=譲渡価格(売却価格)-取得費(譲渡価格の5%)-譲渡費用-特別控除3,000万円》

 ※取得費(不動産を購入した時の価格)が不明な場合は売却価格の5%で計算します。

 

具体例を挙げてみましょう

【譲渡価格が5,000万円で取得費が250万円(譲渡価格の5%)

 譲渡費用(仲介手数料・印紙代・登記費用・測量費など)300万円の場合】

 

◯特別控除が適用されないと・・・

5,000万円-250万円-300万円=譲渡所得4,450万円

譲渡所得4,450万円✕20.315%=9,040,175円(所得税及び住民税)

◯特別控除が適用されると・・・

5,000万円-250万円-300万円-特別控除3,000万円=譲渡所得1,450万円

譲渡所得1,450万円✕20.315%=2,945,675円(所得税及び住民税)

となります。

 

つまり、3,000万円控除ができれば、税額に換算すると約600万円の税額が

軽減できます。

 

次回この特別控除が適用できるポイントについて説明します。

 

 

福岡市博多区・春日市・大野城市の賃貸、不動産のフクエイホーム

arrow_upward