平日 9:00~18:30
土曜10:00~18:00
日曜・祝日
2017年08月21日
ブログ

ひとり暮らしの家賃、目安は月収の3分の1?

一般的に家賃の目安は『月収の3分の1』と言われています。

仮に毎月の月収が18万円ならば家賃は6万円。月収が24万円なら8万円が上限

ということなります。

実は月収が12万円でも30万円でも同じように『月収の3分の1』が目安というわけでは

ありません。

 

『月収の3分の1』は本当?

たとえば、月収が下記のような場合は、3分の1の家賃を上限にすると

  • 月収12万円 ⇒ 家賃4万円・・・残り8万円
  • 月収18万円 ⇒ 家賃6万円・・・残り12万円
  • 月収24万円 ⇒ 家賃8万円・・・残り16万円

となります。

毎日生活していく為に家賃以外にも生活費がかかります。

電気・ガス・水道・携帯電話といったものから、食費・遊び・車の維持費

などの費用など様々です。

そうなると家賃を差し引いた残りの金額で生活しなければならないわけですから

月収が少ない人は、家賃はなるべく抑えておきたいものです。

ひとり暮らしの生活スタイルは様々

どんな生活をするのかによって、どこにお金をかけたいかは人それぞれ。

ファッションや美容に興味がある人。

ゴルフや旅行に何度も出かける人。

家でゆったりと過ごしたい人。

貯金したい人。

ライフスタイルによって必要となる金額は変わります。

 

趣味にお金を多く使いたいなら、家賃は抑えめに。

家でのんびりと過ごしたい方は、多少家賃が高めでも自分の気に入った部屋を

借りる等、どこにお金を使うのかを決めることがまずは大切です。

 

つづく

 

福岡市博多区・春日市・大野城市の賃貸、不動産のフクエイホーム

arrow_upward