株式会社フクエイホーム
平日 9:00~18:00
土曜10:00~18:00
日曜・祝日
2021年09月07日
フクエイホームの不動産情報

不動産の売買取引・今回は「2つの土地を同時に売却」その2

先日決済・引き渡しが完了した不動産売買について話しています。

前回は土地の所有者様から売却依頼を受けて進めていくが、売却に苦戦しそうだいうところまでお話しました。

今回は、前回のブログからの続きになります。

実は売地の隣の月極駐車場も当社が管理していました

この土地売買の話から少し前にさかのぼります。

実は売地の隣も月極駐車場があり、そこも当社が管理しております。

この駐車場は以前はご自宅だったのですが、引っ越しされてから当社で駐車場の管理を約20年以上しています。

今回の売地も月極駐車場なのですが、元々管理の依頼を頂いた経緯は、隣の当社の管理看板を見て、ご連絡いただきました。

現地を見回りに言った際に、駐車場のブロックが気になりました。

隣との境界ブロックが内側に傾いてきおり、今後倒れる可能性があります。

そうなると駐車している車などに当たる恐れがあるので、早急な対応が必要です。早速オーナー様(Bさん)に現地の写真と合わせて報告をしました。

 

Bさん「けっこうブロックが高いですもんね。」

「そうなんです。8段のブロックが積んであるので、今後倒れる可能性があり危険です。」

Bさん「駐車場を使われている方に怪我や、車が傷ついたりすると大変だから対応をお願いします。」

「了解しました。ブロックの上部をカットする工事が必要になりますので、業者に見積もりを依頼します。」

 

数日後、業者から見積りがきた時と同じくして、隣の駐車場の売却の話が出てきました。

隣の駐車場の土地を売却するというのは

駐車場のフロックフェンス工事の見積書がきたのですが、距離が長いのでまあまあな高額な金額です。

そんな中、隣の土地の売却の相談があり、売買仲介の依頼をうけました。

しかし前回のブログで説明したとおり、建築面積の制限がある地域のため、売却の打診をした建売業者は難色を示しています。

そこで、隣の駐車場の土地も一緒に売却することができたら、広い土地になるので上手くいくのではないかと思いました。

 

とりあえず建売業者に聞いてみると、

「先日相談した土地の件ですが、実は隣の月極駐車場もうちが管理しているのでオーナー様(Bさん)なので、もし一緒に売却することができた場合はどうですか?」

建売業者「合わせて560㎡ぐらいの広さなら3区画に分譲することができるので、それならぜひ購入したいです。」

「では、さっそく売却の意志があるかBさんに話してみます」

 

今度はBさんにブロック工事の件と合わせて話してみました。

「先日報告しましたブロック工事の見積りが出ました。結構費用がかかそうです。」

Bさん「やっぱりこれぐらい金額がかかるのね~。でも工事はしないといけないし・・」

「そこでなんですが、実は今隣の土地を売り出そうとしていますが、建売業者がBさんの土地も一緒だったら購入したいと言ってきています。いかがでしょうか?」

Bさん「でもね~あそこは思い入れのある土地だから今まで売らなかったけど、あのまま更地の駐車場にしていてもしょうがないし、ちょっと息子に相談してみます」

「了解しました。ご検討よろしくお願いします」

 

次回へ続きます。

この記事を書いた人
最所 靖典 サイショ ヤスノリ
最所 靖典
創業しました祖父から父へと続き、私で3代目になります。不動産業界に携わって21年になります。地元密着を根差す会社として、不動産に関して難しい事をお客様に少しでも分かりやすくご説明できるように努力しています。
arrow_upward