株式会社フクエイホーム
平日 9:00~18:00
土曜10:00~18:00
日曜・祝日
2021年07月13日
フクエイホームの不動産情報

不動産の「リースバック契約」ってなに?

最近よく不動産業者が宣伝している「リースバック契約」ですが、一体どんな契約内容なのでしょうか?

そもそもリースバック契約とは、自宅(戸建住宅・分譲マンション等)を売却して代金を受け取り、同時に賃貸借契約を結んで、その後も家賃を払いながら同じ家に住み続けるという不動産取引のことをいいます。

リースバック契約の良い点は?

リースバック契約をすることで、引っ越しすることなく住み慣れた家にそのまま住み続けられます。

また、不動産を売却して得られたまとまったお金を老後の生活資金等にあてられるし、土地や建物の固定資産税や、分譲マンションの修繕積立金の支払いがなくなる等、色々と良い点があります。

リースバック契約の不動産売却時に注意する点は?

自宅の売却の契約が成立してしまうと、無条件で契約を解除することができません

また、リースバック契約では、自宅の売却価格が物件相場に比べて低くなることがあります。

リースバック契約の賃貸借契約時に注意する点は?

自宅を売却した後もそのまま住み続けるためには、賃貸借契約を交わして、家賃を払う必要があります。

その際に注意する点が2つあります。

①賃貸借契約の期間(数年間)を定められている場合が多く、そのままずっと住み続けられる保証はありません。賃貸借契約の更新を断られることも考えられます。

②賃貸借契約の家賃が相場より高額に設定されることがあります。また、契約更新時に家賃を値上げさせられることも考えられます。

リースバック契約の内容には十分注意しましょう

リースバック契約は確かに、高齢者の方には不動産が売却できて、高額なお金も入ってくる、そしてそのまま住み続けられると、一見すれば魅力的です。

ただ、その内容には十分注意して契約をするようにしましょう

 

ちなみに、リースバック契約と似たものに「リバースモーゲージ」がありますが、リバースモーゲージは自宅を担保にして金融機関からお金を借りるものです。

一般的に、契約者が亡くなった後に自宅を売却して、その代金から残債を一括返済するという仕組みになっています。

 

この記事を書いた人
最所 靖典 サイショ ヤスノリ
最所 靖典
創業しました祖父から父へと続き、私で3代目になります。不動産業界に携わって21年になります。地元密着を根差す会社として、不動産に関して難しい事をお客様に少しでも分かりやすくご説明できるように努力しています。
arrow_upward