株式会社フクエイホーム
平日 9:00~18:30
土曜10:00~18:00
日曜・祝日
2020年01月08日
フクエイホームの不動産情報

不動産を買う時の金融機関の選び方

不動産、特に住宅を購入する際の資金については、ほとんどの方が金融機関からお金を借りて購入します。

そして不動産売買をする際に誰もがぶち当たる壁が「融資」です。

 

不動産に関しては、時間をかければある程度お客様の希望に近い物件を見つけ出すこともできます。

しかし融資に関しては、時間をかければ理想に近づけるというものではなく、お客様の属性や物件に応じた金融機関を選ばなけばいけません。

今回住宅ローンに対するそれぞれの金融機関の特徴をご紹介します。

銀行はお金を貸したい!いい人、いい家に

一言で「金融機関」といっても、住宅ローンを取り扱うことろは都市銀行・地方銀行・信託銀行のほか、信用金庫・信用組合・ネットバンクなどがあり、住宅ローンではあまり馴染みが無いかもしれませんが、労働金庫やJAバンクでも住宅ローンを取り扱っています。

また、住宅金融支援機構の「フラット35」を取り扱うモーゲージバンクもあります。

実際これだけあると、どこの金融機関が良いのか不動産業者でも迷ってしまいそうです。

1.都市銀行

「銀行」と聞いてまず頭に思い浮かぶのが、都市銀行です。都市銀行の特徴は、属性・担保評価など、バランス良く平均点以上を求められます。

最終判断で最も重視されるのが、やはり申込者の「属性」です。

属性次第で担保評価を大きく上回る融資額が可能になったり、金利の優遇幅も大きくなります。

また、住宅ローンを取り扱うローンセンターなどでは手続きや審査が早いです。

2.地方銀行

地方銀行はその名の通り「地方に根ざす金融機関」です。

お客様からよく耳にするのが、来店時の親切丁寧な対応など、サービス面は高い評価を聞きます。

また、地元企業の従業員や地元の物件の場合、属性・担保評価などで都市銀行以上の評価が得られる場合があります。

ただ、都市銀行と比較すると若干金利が高く、審査にも時間がかかります。

地元に強いというのが1番の特徴で、住宅ローンでは心強い存在です。

3.信託銀行

信託銀行は通常の金融業務以外に「信託業務」を行う銀行です。

信託業務とは、分かりやすく説明しますと「人の財産を預かって運用し、得られた利益を還元する業務」です。したがって、相続対策や資産運用の相談案件や複数の不動産を所有している地主や収益ビルオーナーの融資に関しては信託銀行なられではの力を発揮します。

審査に関しては、やはり「属性」重視で要件が合えば融資内容も好条件となります。

4.信用金庫・信用組合

信用金庫も銀行と同じ金融機関ですが、銀行が株主の利益を最優先とする営利法人なのに対して、信用金庫は会員の出資による協同組織の非営利法人であり、地域の会員や利用者の利益が最優先されます。

住宅ローンに関しては、銀行では取り扱いが難しい中小企業の経営者、自営業者などにも柔軟に対応してくれます。

また信用金庫によりますが、無担保住宅ローンなどほかの金融機関にない独自の商品を取り扱いしている点も特徴の一つです。

 

信用組合も信用金庫と同じ組合員の出資による協同組織の非営利法人です。

信用組合は原則、組合員を対象とした業務になります。

したがって、住宅ローンに関しても組合員である中小企業や個人事業者の場合は、ほかの金融機関で難しいと判断されても柔軟に対応してくれるという特徴があります。

5.ネットバンク

ネットバンクは支店や店舗を持たずに業務のほとんどをインターネット上で行う銀行です。ネットバンクの1番の特徴は何と行っても金利の安さにあります。

 

ただ不動産業者からの立場で見た1番の問題点は事務手続きです。

融資申し込みという複雑な手続きをすべてネットと郵送で行うことになるので、追加書類の対応や審査に時間がかっかたり、融資ができなかった場合も機械的に伝えるだけなので、担当者と相談しながら進めたい複雑な案件の場合には不向きです。

また不動産取引においても、ネット銀行の場合は売買契約のローン特約を認めないという不動産業者も多いです。

6.モーゲージバンク

モーゲージバンクとは、住宅ローンを専門に取り扱う金融機関です。

住宅ローンを証券化して調達した資金を用いて貸出を行っています。

住宅金融支援機構の「フラット35」を最も多く取り扱っているのがモーゲージバンクです、利用者が給与所得者で既存借入れもなく、特別な個別の事情がなければ計画的に手続きを進めることができます。

逆にローン担当者との入念な打ち合わせが必要な案件には不向きです。

7.労働金庫・JAバンク

労働金庫は労働組合や生活協同組合の組合員、JAバンクは農業従事者の組合員で融資の申し込み要件を満たせば、審査は比較的通り好条件で利用できます。

共通する特徴は、とにかく組合員の融資に強いということです。

金融機関の選び方のまとめ

このように住宅ローンを扱う金融機関を紹介しました。ポイントを3つにまとめると

その1、都市銀行・地方銀行・信託銀行は「属性」を重視

その2、信用金庫・信用組合は中小企業・自営業者向け

その3、ネットバンクは金利が安いが事務手続きが壁

このようになります。

参考にしていただいて住宅を購入する際は、不動産業者や金融機関とよく相談して住宅ローンを組みましょう。

arrow_upward