株式会社フクエイホーム
平日 9:00~18:30
土曜10:00~18:00
日曜・祝日
2018年11月08日
ブログ

分譲マンション、貸した方が良いか、売った方が良いのかPart2

前回は、分譲マンションを売るのか、貸すのかを判断するためのチャックポイントを

紹介しました。

前回の「分譲マンション、貸した方が良いか売った方が良いのか」はコチラ

その4つチェックポイントに一つでも当てはまる場合は、売った方が良いと

説明しました。

今回はその理由について、少しづつご説明していきます。

その1、住宅ローンが残っている時は売った方が良い

チェックポイントその1「住宅ローンが残っている」ですが、

まだ分譲マンションの住宅ローンが残っている場合は、売却の方をオススメします。

 

例えば賃貸で人に貸して、月々の家賃収入をローンの返済に充てる事を

考えている方が多いですが、入居者がずっと住んでくれるとは限りません。

空室になったり、家賃を滞納するかもしれません。

しかも空室後に、再度入居者を募集する際には、リフォーム工事を

しなければなりませんし、お部屋の設備の不具合があれば修理もしなければならず、

その工事費用がかかります。

 

売約すれば、ローンの返済に充てることが可能です。

なので住宅ローンが残っている場合は、貸すよりも売った方がリスクが低いです。

1つ注意することは、売る時は抵当権を抹消するために、残りのローンは

一括で返さないといけなくなります。

次回、その2・3について説明します。

つづく

 

福岡市博多区の賃貸・売買・不動産管理のフクエイホーム

 

 

 

 

arrow_upward