平日 9:00~18:30
土曜10:00~18:00
日曜・祝日
2018年06月04日
ブログ

不動産の買取募集チラシの真実は

前回は、皆様の自宅の郵便ポストにポスティングされている、

不動産広告のチラシについてお話をさせていただきました。

前回ブログはこちらから

今回はその続きになります。

 

不動産広告に掲載の物件を探しているお客様はいません

普通に考えてみるとよく理解されると思いますが、広告をポスティングするには

少なくとも10日前後の準備と費用がかかることになります。

個人のプライベートに近い話を広告にまでして、何千部・何万部も印刷して

何千世帯・何万世帯もポスティングするでしょうか? 非現実的ですね。

じゃあなぜ広告をポスティングするの?

それは、不動産を売却したいお客様の問い合わせを集めたいからです。

不動産業者にしてみれば、10件・20件と売却物件を預かることができれば

有利に営業をすることができます。



確かに「探してほしい」というお客様もたまにはいると思います。

でもそのお客さんは、他の不動産業者にも行ってどんどん探しますから、

時間が掛かる広告は現実的には難しいです。

 

一般の消費者の方が、そこを確認(本当にお客さんがいるのか)しよと

電話をかけたとしても、「売却しようとする問い合わせ方の物件内容が

わからないと紹介しようがありません」と言われてしまい、

まずは不動産の物件査定をしてみましょうという話になってしまいますので、

なかなか確認できません。

 

同じ不動産業者ながら、良くできた広告だと思います。

売ることを考えている人なら、電話をかけてしまいそうになるはずです。

その手の「売却物件募集広告」をポスティングしている不動産業者は、

なんとか営業を有利に展開しようてしている業者ですから注意が必要です。

 

以上の理由で不動産広告チラシは、いかにももっともらしい文章で

皆様のお手元に届いてるわけです。

 

 

福岡市博多区・春日市・大野城市の賃貸・不動産のフクエイホーム

 

 

arrow_upward