平日 9:00~18:30
土曜10:00~18:00
日曜・祝日
2018年06月23日
ブログ

ブロック塀を点検しましょう(福岡市で除去工事の補助制度もあります)

ブロック塀は身近にどこでもあります。見かけはしっかりしているように

実は安全性にかけるものもあります。

先日の大阪北部地震で、小学校のブロック塀が倒れて下敷きになった

子供が亡くなるという痛ましい事故もありました。

この機会に改めて身近なブロック塀の点検をしてみましょう。

ブロック塀は私有財産です。所有者が責任を持って管理 することが必要です。

ブロック塀は、プライバシーの確保や防犯・防火など私達の暮らしを守る

大切な役割を果たしています。

しかし、地震などの災害が発生したときに倒壊や落下などの命を脅かす

危険なものに変わってしまいます。

特に多くの人が通行する道路や通学路などに面しているブロック塀は、

特に安全確保が求められます。

ブロック塀の点検する際の5つのポイント

下記に記載の5つのポイントを参考にしてまずはご自身で点検してみましょう。

 

その1 ブロック塀の高さが高すぎていませんか?

 塀の高さは、地盤面から1.2m以下(控え壁がある場合は約2m以下)か

 調べてください。

 参考までに、一般的なブロックの大きさは高さ約20cmで幅が

 約40cmになります。

 1.2mですとブロック約6段程度になります。

 

その2 塀の傾き、ひび割れはありませんか?

 

その3 塀に鉄筋は入っていますか?

 塀の中に直径9mmの鉄筋が下記のように入っているか調べてください。

 この点検をする際は、塀を作った業者さんなどに相談して行ってください。

 ・鉄筋は縦横ともに80cm間隔で入っていますか?

 ・縦筋は頂部の横筋にかぎがけされていますか?

 ・基礎の下側の横筋が入っていますか?

 ・控え壁には鉄筋が入っていますか?

 この他に鉄筋が錆びていないか調べてください。

 

その4 基礎あり、根入れの深さは十分ですか?

 「根入れ」とは基礎のうち土の中に入っている部分のことを言います。

 鉄筋コンクリートの基礎は十分に根入れされていますか?

 周りを掘って調べてみましょう。

 高さ1.2mを超えるブロック塀は、地盤面から約30cm以上の根入れが

 されることが必要です。

 

その5 控壁はありますか?

 控壁は塀の高さが1.2mを超える場合に必ず必要になります。

 控壁は塀の長さ3.4mごと(ブロック塀約8個程度)ごとにありますか?

 控壁の長さは40cm以上ありますか?

 

 

福岡市のブロック塀、除去工事補助金について

福岡市では道路に面する危険と判断されたブロック塀については、

除去費の一部を助成する制度があります。

こちらまでお問い合わせください

【問い合わせ先】

 福岡市住宅都市局 建築指導課 建築物安全推進課

 TEL 092-711-4580

 危険なブロック塀等除去工事補助金交付事業のサイトはこちらから

 

 

ブロック塀の新設や除去などを行う際は、詳しい調査が必要になる場合は

施工した業者、もしくはお知り合いに工務店等にご相談してみてください。

いずれもわからない場合は、弊社までご相談いただいても大丈夫です。

 

福岡市博多区の賃貸・売買・不動産管理のフクエイホーム

arrow_upward