平日 9:00~18:30
土曜10:00~18:00
日曜・祝日
2017年06月12日
ブログ

両親が亡くなった後に相続する場合は

両親が亡くなって、実家が空き家になる場合は

まず相続した財産について相続税が発生するのか、それが基礎控除内の金額

なのか調べて確認します。

そして相続人でどのようにして分けるのか決めなければなりません。

相続税を納める場合は、相続発生後(被相続人が亡くなってから)10ヶ月以内に

税務署に申告しなければなりません。

ということは、実は時間はあまりないのです。

 

実家を売却して現金化して分ける場合

実家を売りに出しても、すぐ買い手が付くというものでもありません。

相続が続くうちに登記が曖昧になっていたり、隣の家との境界があいまいになっていたり

すると、もう両親からの情報が得ることができないので、過去の経緯を調べるのに

時間と手間がかかります。

 

実家を相続する人が住まない場合

これが空き家になるケースです。

実家の家財の整理などの問題でとりあえずそのままにしている人が多いですが、

その間に家の劣化は進み、建物の資産価値が落ちたり、近隣住民に何らかの被害を

及ぼす可能性があります。

放置していたとしても固定資産税は納めなければいけません。

 

長期で放置していると、相続税を納めた人が相続後3年10ヶ月以内に売却した場合に

売却した利益にかかる税金を軽減できる『取得費加算の特例』が使えなくなります。

相続の場合でも、不動産を売って利益を得たら、不動産譲渡税がかかります。

計算上はこの利益から、取得にかかった費用を差し引く事ができます。

 

取得費(不動産購入時の価格)は両親が取得した際の費用を引き継ぐことができます。

※取得費が不明の場合は、売約額の5%の金額になります。

相続税を納めた人の場合、取得費に相続税を加算できるため、計算上の利益が

少なくできるので、税金が軽減されます。

 

何よりも家族で早めに話し合っておきましょう

両親の介護が必要になったり、両親が亡くなった時にこれだけの事を考えるのは

とても大変です。

とりあえず放置という状態が続くと気がついた時には手遅れという

デメリットも考えられます。

両親の生存中から、実家の処分の方法について家族で話し合っておきましょう。

 

福岡市博多区・春日市・大野城市の賃貸、不動産のフクエイホーム

arrow_upward