株式会社フクエイホーム
平日 9:00~18:00
土曜10:00~18:00
日曜・祝日
2021年05月30日
福岡の地域情報

福岡の定番インスタントラーメン「うまかっちゃん」の包装が変わっていた

福岡のインスタントラーメンと言えば真っ先に挙げられるのが、ハウス食品の「うまかっちゃん」です。

福岡県民はみんな子供の頃から親しまれている豚骨ラーメンです。

福岡県のスーパーに行けば、大量に陳列棚に置かれています。そしてあっという間に棚から無くなっていきます。

そもそも「うまかっちゃん」とは?

この商品は1979年に販売されて、40年たった今でも九州・沖縄の袋ラーメン市場でトップシェアをほこっています。

味は九州の豚骨ラーメンなのですが、豚骨の独特の匂いを抑えて、あっさりとしてとても美味しいです。

ちなみに「うまかっちゃん」という言葉は博多弁で「美味しいんだよ」という意味です。

実は包装がリニューアルしていた

「うまかっちゃん」の包装のイラストは、福岡市出身のグラフィックデザイナー・西島伊三雄さんが、博多祇園山笠をテーマにパーッケージをデザインしたそうです。

その「うまかっちゃん」ですが、実は5年前に33年ぶりにぶりに包装をリニューアルしていたそうなのです。

ただ、あまりにも親しみがある商品なので大幅なリニューアルはリスクが大きいと判断したみたいです。

変更したのは2箇所です。

1.ラーメンの写真を大きくした

2.ハウス食品のロゴを加えた

正直どこが変わったの?というくらいわかりにくいです。

 

担当者の方も

「正直、大きく変えることはできなかった」

「デザインも資産だからですね」

とつぶやいたそうです。

長く人気が続いていたり、成功しているものを変えるのか、変えないのか、常に悩みの種ですね。

arrow_upward