株式会社フクエイホーム
平日 9:00~18:30
土曜10:00~18:00
日曜・祝日
2020年10月06日
フクエイホームの不動産情報

リノベーションのお部屋は本当に魅力的なの?

賃貸物件のメリットは、費用の負担が少ないことや移動の身軽さです。

デメリットはあくまでも「借り物」なので、賃貸オーナーの承諾なしには好き勝手できないことです。

そんな中で注目を浴びているのが「リノベーション」という方法です。

持ち家やマンションの場合でも、新築物件を購入するのではなく、中古物件をお手軽価格で購入して好きなように手を加えて住むというライフスタイルが多くなってきています。

「リノベーション」と「リフォーム」何が違うの?

一見「リフォームする」という事のようにおもわれますが、リフォームとリノベーションは何が違うのでしょうか?

実はその過程や考え方においてまったく異なるものなのです。

リフォームとは

「老朽化物件を建てた当初の状態に戻すために改修・改築をすること」です。

リノベーションとは

「老朽化した物件に新たな価値を見出すために改修・改築をすること」です。

新築物件に比べて、中古物件は同じ立地条件なら、比較的安く購入することができます。それを自分たちのライフスタイルに合った仕様に変更するのがリノベーションです。

新築当時の状態に戻すだけでなく、間取りの変更や内装、水回りの設備変更などをして、新しい住まいを手に入れることで完全なオリジナルの住宅が出来上がります。

最近の賃貸のリノベーションの特徴について

実際にネット等で検索しみると賃貸物件でもリノベーション物件はかなり増えてきています。それらの物件にはどんな特徴があるのでしょうか?

賃貸物件の場合、リノベーションをする物件は築30年以上といった古いアパートやマンションが多いです。

というのは30年も経てば建物の老朽化はすすみ、掃除やメンテナンスをしていても、毎年新築物件が増えてきている状況では、築年数が古い物件は空室が増えてくるのは避けられません。

家賃を下げれば借りてがいる場合もありますが、そうではない物件もあります。

だったらリノベーションをして、物件自体の価値をあげて収益を上げたほうがいいと判断する賃貸オーナーも出てきます。

リノベーションは他にはない魅力的な部屋がテーマです

一般的に賃貸物件を建てる時は、万人に受けるように画一的な間取りが仕様になることが多いです。

また部屋ごとに間取りや仕様をかえると、それだけで資材費や人件費まで高くなり、結果的に建築費用がかさみ、それが家賃に跳ね返ってきます。

造る側の都合で作られる賃貸アパート・マンションだからこそ

「賃貸はかっこいい物件がない!」

こう感じている人も少なくないのではないでしょうか。

 

ところがリノベーション物件は、そこに住む人を考えてプランニングされることが多いので、個性的な変身をとげる物件が多数あります。

量産されたものではなく、オリジナル製の高い部屋で自分らしい暮らしを・・・たとえ賃貸であって、毎日の生活を潤いあるものにしたい。

リノベーション物件は確実に増えてきています。

arrow_upward