株式会社フクエイホーム
平日 9:00~18:30
土曜10:00~18:00
日曜・祝日
2019年02月27日
不動産知識

厳しい時こそ賃貸の入居審査を再確認

不況の影響でしょうか、他の不動産会社や管理会社との話の中で

賃貸物件の入居者が数ヶ月家賃を滞納したり、夜逃げする方が増えてきているのでは

感じるときがあります。

滞納した方の事情を聞いてみると

●リストラされた・・・

●派遣切りにあった・・・

●会社からの給料の不払いを受けている・・・

などなど払いたいけれど、そのお金が捻出できない。

というものが多いよう思います。

滞納家賃の督促の際は保証人などの連携は重要です

これまで滞納家賃を分割で支払っていたけれど、上記のような事になって

しまうと、分割払いの分の家賃はもちろん、通常の毎月の家賃分まで支払うことが

できずに、滞納が1ヶ月・2ヶ月と溜まってしまいます。

そんな中やはり重要なのは、連帯保証人やご両親との連携の大切さだと

思います。

ある家賃を滞納した入居者の場合では、入居者のご両親から入居者へ

滞納家賃の一部の援助を受けられたことから解決した例もあります。

賃貸物件の入居審査の原点に立ち返る

現在、家賃保証会社の家賃保証を入居審査とすることが、不動産管理会社では

当たり前となっています。

保証会社によっては連帯保証人をまったくとらない会社すらあります。

家賃保証会社の保証審査も大切ですが、やはり入居申込時に連帯保証人に

保証の意思確認をすることは大切だと思います。

 

不動産管理会社で一般的に入居者対応で失敗したと思われる時の

原因はやはり入居時の審査が甘かったのではないかということです。

●そもそも入居希望者に入居の意思確認はしたのか

●連帯保証人に「連帯保証」という責任を説明しているか

●入居申込者の申込み内容に虚偽はないか

 

弊社でも空室が続くからと入居審査をいい加減にしていないか、安易に

入居審査を行っていないか、いつも注意しています。

 

福岡市博多区の賃貸・売買・不動産管理のフクエイホーム

お問い合わせ

INQUIRY
必須
必須
郵便番号
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward