平日 9:00~18:30
土曜10:00~18:00
日曜・祝日
2016年09月30日
ブログ

ローン返済方法の違い(後編)

 

(前編)からの続きです。

 

 前回は、大きく2つに分けられるローン返済方法のうち「元利均等返済方式」についてご説明しました。

 

 

 

 

 

今回は、もう一つの返済方法のご紹介です。

 

 

 

②元金均等返済方式

 

 毎月均等に割った元金に、利息を加えていく返済方式です。

 

 初期の返済金額は、元金に利息が上乗せさせられるために支払額は多くなりますが、

 

 元金は毎月一定額減っていきます。

 

 例えば30年ローンを組んだ場合、10年後には元金の返済金額は3分の1になります。

 

 

 ★メリット

 

   ・利息の元となる元金が毎月一定額減っていくため、毎月の返済額が徐々に減少する。

 

   ・「元利均等返済方式」に比べて、返済総額が少なくてすむ。

 

 

 ★デメリット

 

    ・初期の返済額が多いので、負担が重くなってしまう。

 

    ・経費にならない元金の割合が高い為、キャッシュフロー(お金の流れ)が悪くなる。

 

 ※民間の銀行では、「元金均等返済方式」が選べる商品を提供しているところは少ないです。

    

  ただし、住宅金融支援機構の融資などでは「元金均等返済方式」を選択することができます。

 

 

③まとめ

 

 前回からあわせて2つのローン返済方法のそれぞれの特徴をご紹介しました。

 

  どちらを選択するかによってローンの返済総額や返済期間のキャッシュフロー(お金の流れ)が

 

 変わってきます。

 

  ローンは一度借りてしまうとすぐに返済することはできません。

 

 まずは2つの返済方法を把握して、皆様にとって最適な返済方法を選択するようにしましょう。

 

福岡市博多区・春日市・大野城市の賃貸、不動産のフクエイホーム

arrow_upward