平日 9:00~18:30
土曜10:00~18:00
日曜・祝日
2018年04月13日
ブログ

新生活を始める方が発生しやすい事故を防ぐポイント

前回、新生活を始める方が陥りやすい「消費者トラブル」についてご紹介

させていただきました。

前回のブログはこちらから

 

今回は、ひとり暮らしの生活の中での「事故を防止するポイント」を

こちらも福岡市消費者センターが発信しておりますので、

ご紹介していきます。

事故を防止するためのポイント

1,家電製品は取扱説明書をしっかりと読みましょう。

  ★使い慣れていない家電製品は、まず正しい使い方を理解しましょう。

  ★使い方を誤ると、発火や破損等の事故に繋がる恐れがあります。

 

2,中古品は製造年や補償の確認を忘れずに

  ★家電製品本体だけでなく、コードやACアダプター類などにも傷や

   破損がないかどうか確認しましょう。

  ★リコール対象品かどうかの確認をしましょう。

  ★古い製品は修理や部品交換ができないものあり、経年劣化で事故が

   おきる事もあります。

 

3,家具の組み立ては正しい手順で安全に

  ★ネジの締付け不足や、付け忘れのないように組みたてましょう。

  ★一人で無理に組み立てようとすると怪我をすることがあります。

  ★正しく組み立てないと使用しているうちに、破損することがあります。

 

4,お部屋の設備の安全確認を

  ★賃貸住宅の扉や戸棚、照明などの備え付け家具や設備の不具合に

   気がついたら、大家さんもしくは管理会社へすぐ連絡しましょう。

  ★そのまま放置していると、経年劣化による破損や落下で怪我する

   恐れがあります。

 

5,自炊時は手洗いや加熱を徹底しましょう

  ★食中毒を防止するポイントは、菌を「つけない」「増やさない

  「やっつける

  ★食材や食器、自分の手にも細菌やウイルスは付着しています。

 

言われると当たり前のことと思われますが、意外と疎かになりがちです。

でも、確かに大事なポイントですので注意して、安全・安心な生活を

スタートしましょう。

 

 

福岡市博多区・春日市・大野城市の賃貸、不動産のフクエイホーム

 

arrow_upward