株式会社フクエイホーム
平日 9:00~18:30
土曜10:00~18:00
日曜・祝日
2020年06月12日
フクエイホームの不動産情報

不動産の固定資産税と都市計画税の税率は?

不動産を所有している人が支払う税金で「固定資産税」と「都市計画税」があります。

この固定資産税と都市計画税における課税標準は、固定資産課税台帳に登録された価格(固定資産税評価額)です。

皆様に毎年4月頃に市町村から送られている「固定資産税等の納付書」に記載されています。

ただし、土地については価格の上昇や下落に伴う調整や住宅用地に対する特例などが講じられた後の価格が課税標準になります。

固定資産税と都市計画税の税率

固定資産税の標準税率は1.4%、都市計画税の制限税率(上限)は0.3%になります。

固定資産税 固定資産税評価額✕1.4%(標準税率)
都市計画税 固定資産税評価額✕0.3%(制限税率)

以前は固定資産税で2.1%が制限税率とされていましたが、平成16年度の税制改正によりこの制限が廃止されています。

実際に適用される税率は、市町村ごとに違いますのでそれぞれ確認が必要です。

分譲マンションなどの区分所有建物の敷地については、それぞれの持分に応じて按分した後の価格が課税標準となります。

固定資産税と都市計画税が免税される場合

同一の区市町村で同一の人が所有する土地や建物の課税標準額の合計が、一定の金額に満たない場合は課税されません。

固定資産税と都市計画税の免税点は、土地が30万円建物が20万円となっております。

実際は都市部の住宅で、この上の価格以内に収まることはほとんど無いでしょうが、1世帯あたりの持分評価額が低い地方の分譲マンションでは、土地の固定資産税、都市計画税が免税される物件もたまにあるようです。

固定資産税の減額措置

固定資産税の軽減措置としては

1,一定の要件に該当する耐震改修工事や耐震化の為の建て替えをした住宅

2,一定の要件に該当するバリアフリー改修工事や省エネ改修工事をした住宅

3,認定長期優良住宅での軽減措置

  

※長期優良住宅とは・・・平成21年6月施行された制度で、期に渡り住宅を良好な状態で長持ちさせるために必要な基準を設けてそれをクリアした建物をいいます。

具体的には後続体の劣化対策・耐震性・維持管理・更新の容易性・バリアフリー性・省エネ性、また居住環境や住戸面積などの条件となっています。 

 

税法改正によって適用要件の見直しや期限の延長または廃止など行われる場合があります。該当する住宅の取得や工事などをした時には、その年度における税制内容をしっかり確認しておきましょう。

 

福岡市博多区の不動産会社フクエイホーム

arrow_upward