平日 9:00~18:30
土曜10:00~18:00
日曜・祝日
2017年08月03日
ブログ

住宅ローンの信用保証会社は何をしてくれる?

住宅ローンを借りる時に保証料を支払うことで信用保証会社は実質的に

皆様の住宅ローンの連帯保証人になってくれます。

つまり、保証会社の保証を受けることができれば、金融機関から住宅ローンを

借りることができるというわけです。

これ以外に住宅ローンを借りた人にとって信用保証会社はどんな役割を

するのでしょうか。

住宅ローンの信用保証会社の役割とは?

住宅ローンの返済が問題無く進めば、住宅ローンの繰り上げ返済をした場合の

保証料の支払い戻しの金額を通知して、払い戻してくれます。

ただし、何らかの理由で住宅ローンの返済が滞ると、住宅ローンを貸した

金融機関が連帯保証人である信用保証会社に、住宅ローンの返済の肩代わりを

請求することになります。

すると信用保証会社は、金融機関に肩代わりした住宅ローンの残債を、返済を

滞らせた人に返済を迫ることになります。

 

多くの方が

「信用保証会社に多額の保証料を支払うので、保証料は返済できなくなった時に

 助けれくるためにあるもの、というイメージを持っていますが大きな誤りです。」

基本的に信用保証会社については、金融機関が指定している所しか認めていません。

 

住宅ローンを借りる人は自由に信用保証会社を選ぶことはできません。

しかし、海外では自由に信用保証会社を選べれるそうなので、いつか日本には

このような仕組みになればいいですね。

 

 

福岡市博多区・春日市・大野城市の賃貸、不動産のフクエイホーム

arrow_upward