平日 9:00~18:30
土曜10:00~18:00
日曜・祝日
2017年06月30日
ブログ

相続時の不動産トラブルの予防策

相続時に不動産トラブルの例を幾つか上げました。

実に様々なケースがあり、相続はまさに「争続」と呼ばれるのも

理解できます。

この不動産トラブルを回避するためにはどうしたら良いでしょうか?

不動産トラブルの予防策は、生前からの対策が必要

具体的に細かく挙げていきますと

 

1,自分の財産を目録にしておく、もしくは将来の相続人に知らせておく。

2,自宅に相当するぐらいの金銭を現金で貯めておく、又は生命保険を

  活用するなどして代償分割できるように用意しておく。

  ※代償分割とは?

   「ある相続人にその不動産を相続させる代わりに、他の相続人に対して

    代償金を支払う方法です。」

3,子供同士が共有できるような遺言書は書かない。

4,その土地がスムースに売れる土地なのかどうか調べておく。売約もしくは

  分泌する可能性があるなら、生前に隣地との境界を確定しておく。

5,別荘は、無償(贈与)でも良いなら隣地の方に引き取りを打診してみる。

6,山林は国や地方公共団体、公益社団法人に寄付を打診してみる。

7,道路はその道路を接道として建物を建てている複数の人に持分で売る、もしくは

  贈与する。

 

相続時に不動産トラブルを避ける為には、相続人が困らないように

生前からできることはやっておきましょう。

 

福岡市博多区・春日市・大野城市の賃貸、不動産のフクエイホーム

arrow_upward