平日 9:00~18:30
土曜10:00~18:00
日曜・祝日
2017年06月14日
ブログ

分譲マンションを購入後で、引き渡し前に解約したいときは

分譲マンションを、完成引き渡し前に売却できないことは前回お話しました。

その為マンションを手離したい場合は、売買契約の解除をすることになります。

解除する方法は「手付解除」「違約解除」があります。

手付解除とは

既に支払っている「手付金」を放棄することにより、一方的に売買契約を

解除することを言います。

 

手付金の金額は一般的に購入価格の1割程度になりますので、

例えば3,000万円の不動産物件では手付金は300万円です。

この時注意が必要なのは、この手付金を放棄することでできる契約解除は

期間の定めがありますので、売買契約書に記載されている手付金放棄での

契約解除の期間を過ぎてしまうと、手付解除はできません。

 

また、買主の希望で間取りの変更や室内設備のオプションの追加をしている

場合は契約履行の着手をしているとみなされますので、手付解除の期間内

であっても契約解除できない場合がありますのでご注意ください。

違約解除とは

手付解除ができない場合は、違約解除という形ので契約解除になります。

違約解除とは予め設定していた違約金を払うことで売買契約を解除する

ことを言います。

違約解除についいても売買契約書に必ず記載がありますので確認しましょう。

一般的には違約金の金額は売買価格の2割程度になりますので、

先程の3,000万円の不動産物件では、600万円と高額になります。

 

手付解除は、契約時に既に支払っている金額を放棄すれば契約解除できるため、

買主としても行い安方法ですが、違約解除は追加で新たに違約金を支払う

ことになりしかも高額なため、お金が用意できる場合に限られます。

 

つづく

 

福岡市博多区・春日市・大野城市の賃貸、不動産のフクエイホーム

 

 

arrow_upward