平日 9:00~18:30
土曜10:00~18:00
日曜・祝日
2017年05月22日
ブログ

エアコンの試運転を早めにしておきましょう

 

福岡もまだ5月ですが、日差しが強く暑い日々が続いています。

そんな中、エアコンメーカー大手の「ダイキン」が本格的に使用する。

夏本番前にエアコンの試運転をすることを呼びかけています。

 

というのも、皆さんがエアコンを使い始める7月頃になると、メーカーに

問い合わせや修理の依頼が殺到して、対応に相当な時間がかかるそうなのです。

その為に5月から6月にかけて試運転をして一度作動状況を確認してほしいと

勧めています。

 

ダイキンがエアコンの試運転方法も案内しているのでご紹介します。

 

                               (ダイキンの参考資料より)

①運転モードを「冷房」にして電源を入れる。

②温度を最低温度(16~18度)に設定し10分程度運転する。

③冷風がきちんと出ているか、異常を示すランプがついていないか確認する。

④さらに30分程度運転して、エアコン本体から水漏れや異臭がないか確認する。

⑤外に置いている室外機のコンプレッサーもしっかり動いているか確認する。

以上になります。

 

試運転でランプの点滅や異臭、異音、水漏れがあった場合は、賃貸住宅に

お住いの方は建物オーナーさんもしくは管理会社に連絡をしてください。

賃貸住宅に自分で購入して取り付けをされた方や、自宅にお住まいの方は

購入した販売店またはエアコンメーカーにご相談ください。

 

またエアコンの節電方法として「ダイキン」によると

                              (ダイキンの参考資料より)

①2週間に一度のこまめなフィルター掃除。

②冷房の設定温度は28度を目安に。

③室外機から熱を逃がす事。

などを挙げております。

ぜひ試してみてください。

 

当社でも夏になると管理物件でのエアコンの故障の連絡が一気にくるので

どうしても修理対応に時間がかかることがあります。

ぜひ、今のうちからエアコンの試運転をしていただいてこれから始まる

暑い日々に備えましょう。

 

福岡市博多区・春日市・大野城市の賃貸、不動産のフクエイホーム

arrow_upward