平日 9:00~18:30
土曜10:00~18:00
日曜・祝日
2017年04月24日
ブログ

不動産の買取とは?

 

不動産を売却する際に最近多いのが、不動産会社による買取です。


 

例えば、築年数が古いマンションの場合、通常は室内をキレイにリフォームしなければ

買い手がつきません。

こんな時に不動産会社が室内を現状のままで購入する買取という方法が行われます。

不動産の買取と言うときは、不動産会社が売主から不動産を買取ることを指します。

 

一般的な不動産の売却は『仲介』という仕組みでの売却です。

『仲介』は依頼を受けた不動産会社が買い手を探してきて売却します。

買取をする不動産会社の目的は、不動産を買い取ったあとに再販(転売)することです。

 

買取の流れについては、中古車をイメージするとわかりやすいです。

例として・・・・

中古車の買取をした会社は、整備をした上で次の買い手に販売します。

不動産の場合も同様で買取した不動産会社は、買取後にリフォームして

次の買い手に販売します。

 

買取をしている不動産会社を仮に、「買取会社」と呼ぶことにします。

買取会社はリフォームをした上で販売するため、買取物件は築年数が

20~30年経過したマンションや一戸建てが多いです。

やはり築年数が経っている不動産物件は、設備の老朽化や内装状態の

悪化がありますのでリフォームをしないと売却が難しいのです。

 

つづく

 

福岡市博多区・春日市・大野城市の賃貸、不動産のフクエイホーム

arrow_upward