平日 9:00~18:30
土曜10:00~18:00
日曜・祝日
2017年03月16日
ブログ

瑕疵担保責任の対応は?


 

瑕疵とはいっても東京の豊洲移転問題は例外として、実はそれほど大掛かりな

費用もかからずに比較的簡単に解決する場合もあります。

 

しかし、発生の初期段階で売主の対応が遅れてしまうと、大きなクレームに

発展してしまうこともあります。

特に雨漏りなど生活に支障をきたしてしまう場合には、当然買主は

早急な対応を売主に求めます。

 

ただ、契約時に瑕疵担保責任について説明しているにもかかわらず、

いざその事態に陥ると「既に売却した物件の事だから勝手にやってくれ」と

修繕義務はおろか現場立会いも拒否する売主が少なからずいます。

正直まさか自分が当事者になるとは思わなかったのでしょうが、

その言い分は残念ながら通用しません。

 

瑕疵が判明し、不動産売買の取引終了後もその対応に追われるのは

煩わしいかもしれません。

誰の責任でもない災害としか言いようがなく、ついつい感情的になって

しまいがちです。

 

売主、買主お互いの気持はわかりますが、感情的になっても

解決することはありません。

 

起こってしまった事は仕方がないと腹を据えて冷静に対応し、

これ以上のトラブル防止に努めることが何より重要です。

 

福岡市博多区・春日市・大野城市の賃貸、不動産のフクエイホーム

arrow_upward