平日 9:00~18:30
土曜10:00~18:00
日曜・祝日
2017年03月09日
ブログ

瑕疵が見つかった時は?


仮に瑕疵が見つかった場合にはどうすればいいでしょうか。

 

 
 
まずは、すみやかに売主、買主、そして取引に関わった不動産会社が
 
現場を確認します。
 
その結果、たしかに瑕疵だと判断できた時に売主の修復義務が発生します。
 
また、瑕疵かどうかが判断できない時には専門家の判断をあおぐことになります。
 
 
瑕疵と認定されないうちから買主が瑕疵だと一方的に判断して、勝手に修繕
 
した場合、修繕費用を後から売主に請求することはできません。
 
修復された箇所が本当に瑕疵だったのかどうかわからなくなるからです。
 

 

なお、売主がはじめからその瑕疵について知っていて、それを契約時に買主に

告知しておくと、買主は瑕疵担保責任の追求はできません。

 
 
 
つまり知っていて買ったわけだから文句は言えないということですね。
 
 
福岡市博多区・春日市・大野城市の賃貸、不動産のフクエイホーム
arrow_upward