平日 9:00~18:30
土曜10:00~18:00
日曜・祝日
2017年02月28日
ブログ

賃貸物件のリノベーション工事の特徴は


 

実際にインターネット等で検索しみると賃貸物件でも

リノベーション物件はかなり増えてきています。

 

それらの物件にはどんな特徴があるのでしょうか。

賃貸物件の場合、リノベーションをする物件は築30年以上

といった古いアパートやマンションが多いですね。

というのは30年も経てば建物の老朽化はすすみ、掃除やメンテナンス

をしていても、毎年新築物件が増えてきている状況では築年数が

古い物件は空室が増えてくるのは避けられません。

 

家賃を下げれば借りてがいる場合もありますが、そうではない

物件もあります。

だったらリノベーションをして、物件自体の価値をあげて収益を

上げたほうがいいと判断するオーナーさんも出てきます。

 

リノベーション工事の特徴は、

「他にはない魅力」がテーマです。

 

一般的に賃貸物件を建てる時は、万人に受けるように画一的な間取りが

仕様になることが多いです。

また、部屋ごとに間取りや仕様をかえるとそれだけで資材費や人件費まで

高くなり、結果的に建築費用がかさみそれが家賃に跳ね返ってきます。

 

造る側の都合で作られる賃貸アパート・マンションだからこそ

「賃貸はかっこいい物件がない」

こう感じている人も少なくないのではないでしょうか。

ところが、リノベーション物件はそこに住む人を考えてプランニング

されることが多いので、個性的な変身をとげる物件が多数あります。

 

量産されたものではなく、オリジナル製の高い部屋で自分らしい暮らしを・・・

たとえ賃貸であって、毎日の生活を潤いあるものにしたい。

リノベーション物件は確実に増えてきています。

 

福岡市博多区・春日市・大野城市の賃貸、不動産のフクエイホーム

 

 

arrow_upward