平日 9:00~18:30
土曜10:00~18:00
日曜・祝日
2017年02月07日
ブログ

不動産を売却する時に整備しておいてほしい事

 

不動産で土地や家を売る時に整備しておかないといけないことは

 

何しょうか?

 

それは

「測量をして隣との境界を確定しておく」事です。

測量は正確な土地の面積を知る大事な作業です。

 

以前測量した面積が登記簿に記載されていて、

不動産物件を売る際にその登記簿面積の広さをもとに

売却する価格を決めます。

これを「公簿売買」と言います。

 

しかし、測量の技術は年々精度が上がってきおり、数十年前に行った測量面積と

今の測量技術で測った面積とでは、多少の程度の差はありますが誤差があることが

ほとんどです。

測り直してみたら、予想よりも土地の面積が広かったり、狭かったという事が

よくあります。

 

福岡市博多区・春日市・大野城市の賃貸、不動産のフクエイホーム

arrow_upward